私がプロポーズした時の話

私は同棲して4年の彼女と5年前に結婚しました。同棲前も4年間交際していたので、彼女以外との結婚は考えられなかったのですが、お互いに生活も順調に進み過ぎていたこともあり、結婚を考えるタイミングを見失った状態にありました。そんなさなか、私の大切な祖父が体調を崩しそのまま亡くなってしまいました。葬儀やその後のこともある程度落ち着いてきた頃に祖母から「おじいちゃんみたいに孫の結婚見れないまま死ぬのはやだよ。」と言われ、添えrに後押しされる形で私達は結婚と結婚式を考え始めました。

ウェディングプランナーさんの協力もあり、かなり順調に段取りは進んだのですが、式の一週間前に私はとんでもないことに気付いたのです。それはプロポーズをしていないということでした。今さらプロポーズをどうするか悩みに悩んだ末、一つの方法を思いつき実践したのです。次の日の夜、彼女に式で新郎のする挨拶文を考えたのでチェックしてほしいと、3枚のレポート用紙を渡しました。実はその挨拶文はフェイクでそこにプロポーズの言葉を書いてあったのです。彼女はそれを呼んで泣きながら私に「よろしくお願いします。」と言ってくれました。今でも忘れられない思い出です。

PR|渋谷のオールハンドエステでくびれを手に入れる|